TOPページ>CINEMA ROOM>クリムゾン・タイド
佐助の部屋_映画レビューRSS

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド_ポスター
≫≫Amazonで調べる

CRIMSON TIDE

評価 ★★★★★|★★★★
種別 サスペンス/ドラマ
製作年 1995
製作国 アメリカ
配給 Buena Vista International
監督 トニー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン、ヴィゴ・モーテンセン、ジョージ・ダンサ
【ストーリー】

核兵器搭載の原子力潜水艦で二人の指揮官が対立したとき、全人類の運命が緊迫する―。冷戦後の国際情勢は、ロシアの反乱軍が核ミサイルを奪取し、米国と日本を攻撃するとの脅迫で再び緊迫。この事態に核兵器を搭載した米の原子力潜水艦アラバマが緊急出動した。艦長はたたき上げのラムジー大佐(ジーン・ハックマン)。副艦長は新任のエリート、ハンター少佐(デンゼル・ワシントン)。目的海域に達したアラバマは本国からの指令受信中に魚雷の攻撃を受け、通信が途絶える。指令の確認を優先とする副艦長と即時攻撃を主張する艦長は激しく対立し、艦内は緊張が走る・・・。


【レビュー】

潜水艦映画の最高傑作か!?

かつて「Uボート」「レッド・オクトーバーを追え」と外れが無い潜水艦使った映画のなかで、この映画は現在最高峰に位置しているのではないでしょうか。

ストーリーはロシア軍叛乱分子の核ミサイル奪取から始まり、滑り出しは特に捻りもありません。しかしこの設定と魚雷攻撃による「途中できれた指令文」により事態は一変します。

テーマはズバリ「アメリカ軍規の解釈」でしょう。切れた指令文の内容から核発射を決断する艦長(ジーン・ハックマン)と確認が取れるまでは発射を阻止しようとする副長(デンゼル・ワシントン)の対立。その2人の決断がどちらも正しい。艦長が正しければ先制攻撃に失敗するアメリカには核が投下され、副長が正しければ潜水艦アラバマの発射した核で世界戦争になる可能性があります。しかしこの緊迫した対立は良く見れば決して侮れません。実際に起こりえる内容であり、また発射阻止に走った副長でさえ「命令が正しければ」発射する事は明白です。つまり「命令は絶対」なのです。

大空を舞台にした自身作の「トップ・ガン」とは正反対の暗い海面下での物語をここまで巧く作りこむ、さすがはトニー・スコットと言ったところだでしょうか。

因みにジーン・ハックマンが渋すぎて格好いいのは言うまでもありません。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.