TOPページ>CINEMA ROOM>インビジブル
佐助の部屋_映画レビューRSS

インビジブル

インビジブル_ポスター
≫≫Amazonで調べる

HOLLOW MAN

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/サスペンス/ホラー
製作年 2000
製作国 アメリカ
配給 Sony Pictures Entertainment Inc.
監督 ポール・ヴァーホーヴェン
出演 ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー、ジョシュ・ブローリン、キム・ディケンズ、ジョーイ・スロトニック、メアリー・ランドル、グレッグ・グランバーグ、ローナ・ミトラ
【ストーリー】

国家最高機密に属する研究プロジェクトを率いる天才科学者のセバスチャン・ケイン。人間を透明にするというプロジェクトを進めていた彼は、ついに自ら実験台となる。“透明”の力の虜になり次第に行動がエスカレートしていくケインは、狂気へと暴走していく・・・。


【レビュー】

理性が崩壊していく過程の描写が絶妙な映画です。

監督は「スターシップ・トゥルーパーズ」のポール・ヴァーホーヴェン。H.G.ウェルズの原作「透明人間=The Invisible Man」をベースに製作されたとの事ですが、狂気に走るシークエンス以外は完全にオリジナルと思われます。

この作品は、VFXを駆使した透明化のシーンがあまりにも有名ですが、それよりも秀逸なのが、ケヴィン・ベーコン扮する科学者のセバスチャンが、自ら人体実験で透明人間に変身した後、理性が徐々に崩壊していく様です。

あらゆる悪戯の全てが「鏡に映らないとモラルが消えるらしい」という一言に集約され、そして狂気へと突き進んでいく。そんな役を演じさせたらケヴィン・ベーコンの右に出る人は居ないかも知れません。今回のセバスチャンはまさにはまり役でした。

ここまでシリアスっぽく書きましたが、そこはヴァーホーヴェン監督。なかなかどうして、実におバカっぽい映画でもあります。

彼は“ツマラナイ男の性(さが)”を実に上手く演出してくれました。雰囲気的にスリラーそのものなのに、どう考えてもレベルの低い犯罪の数々。こんなのハリウッド広しと言えどもB級映画をこよなく愛する彼くらいしか撮らないでしょう(笑)。

色々と科学的に見たら有り得ないことばかりなのですが、この映画は“バカ”になって楽しむのが一番です。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.