TOPページ>CINEMA ROOM>マイ・ボディガード
佐助の部屋_映画レビューRSS

マイ・ボディガード

マイ・ボディガード_ポスター
≫≫Amazonで調べる

MAN ON FIRE

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/サスペンス/ドラマ
製作年 2004
製作国 アメリカ/メキシコ
配給 松竹/Nippon Herald Films Inc.
監督 トニー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、クリストファー・ウォーケン、ラダ・ミッチェル、マーク・アンソニー
【ストーリー】

男は元CIAの特殊部隊員。誘拐事件が多発するメキシコ・シティに住む実業家の娘のボディガードとして雇われる。男が少女と心を通わせ始めたとき、事件は起こった。命よりも大切なものを奪われた男は今、立ち上がる。予想もしなかった真実が待ち受けているとも知らずに……。


【レビュー】

切ないけど信念を感じさせる映画です

原作はA・J・クィネルの「燃える男」で原題も「MAN ON FIRE」ですが、邦題は「マイ・ボディガード」。内容的には前半が邦題、後半が原題といった感じです。

各所で「レオン」を引き合いに出されていますが、どうでしょう、私には「レオン」と比較する事自体が間違っているような気がします。幼く愛くるしい少女との心の触れ合いに共通点は見出せますが、「レオン」は生きる事が、「マイ・ボディガード」は生への感謝が根底にあると思います。

この映画、前半の殆んどをピタ(ダコタ・ファニング)とクリーシー(デンゼル)との心が通い合うまでの時間に多くを割いています。そして、これがこの映画の全てを支えていると私は思います。ここまでのダコタ・ファニングの愛くるしさいっぱいの名演技と、オスカー俳優デンゼルの人間性を取り戻すまで名演技があったからこそ、後半からの冷酷な復讐劇を、誰もが応援して見つづける事が出来るのではないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.