TOPページ>CINEMA ROOM>バンテージ・ポイント
佐助の部屋_映画レビューRSS

バンテージ・ポイント

バンテージ・ポイント_ポスター
≫≫Amazonで調べる

VANTAGE POINT

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/サスペンス
製作年 2008
製作国 アメリカ
配給 Sony Pictures Entertainment Inc.
監督 ピート・トラヴィス
出演 デニス・クエイド、マシュー・フォックス、フォレスト・ウィッテカー、サイード・タグマウイ、エドゥアルド・ノリエガ、エドガー・ラミレス、アイェレット・ゾラー、ウィリアム・ハート、シガーニー・ウィーヴァー
【ストーリー】

8つの視点から描かれる大統領狙撃事件、
そして真相究明に向かう、一人のシークレットサービス

シークレットサービスのトーマス・バーンズは、スペインのサラマンカで開催される、テロ撲滅の国際サミットに出席するアシュトン大統領の警護に当たっていた。大群衆を前に、広場でまさに挨拶をしようとした瞬間、大統領は何者かに狙撃される???。
パニック状態に陥った広場で、狙撃の瞬間を目撃したのは国籍、職業、性別、すべてが異なる8人。しかし、彼らが実際に見たものはそれぞれの立場、場所によって食い違っていた。果たして、全ての視点の先にはどんな真実が隠されているのか!?


【レビュー】

濃密な90分。ただちょっと疲れる映画です。

バンテージ・ポイントとは“?の視点から見る”という意味。この映画は大統領狙撃の現場に居合わせた、8人の異なる視点から事件を追いかけ、最後には一つに繋がっていく構成となっています。

視点の切り替え手法は、一人の視点が終わると一回“巻き戻り”、別の視点からのシークエンスをまた冒頭からの繰り返すというもの。黒澤明の「羅生門」をモチーフにした凝った作りである一方、関連人物が多いので、これが4回目あたりになると巻き戻りの瞬間にストレスを感じてしまうのが難点。

ただし、そのイライラ感もその瞬間だけで、その後は毎回のめり込めるように“別の視点=新しい発見”を持たせる配慮がなされており、その都度少しずつ真相が明らかになって行くので、いつの間にかストレスから解放されてしまいます。

そしてクライマックスへ向かう後半は、手に汗握るカーチェイスを存分に堪能できます。このカーチェイスは中々の出来。おすすめです。

ただ後半からご都合主義が顔をのぞかせてきたのは勿体無いと思いました。これがもう少し深く作りこまれていれば、さらに良かったと思います。

因みに冒頭のチョイ役で出てきたディレクターの女性、何かシガーニー・ウィーヴァーに似ていると思ったらエンドロールで本人と確認。歳をとった分安定感が増してきて、僅かな演技のなかでも存在感がありました。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.