TOPページ>CINEMA ROOM>バンコック・デンジャラス
佐助の部屋_映画レビューRSS

バンコック・デンジャラス

バンコック・デンジャラス_ポスター
≫≫Amazonで調べる

BANGKOK DANGEROUS

評価 ★★★★
種別 アクション/クライム/サスペンス
製作年 2008
製作国 アメリカ
配給 Presidio Corporation
監督 オキサイド・パン、ダニー・パン
出演 ニコラス・ケイジ、チャーリー・ヤン、シャクリット・ヤムナーム、ペンワード・ハーマニー
【ストーリー】

世界をまたに掛け、依頼されたターゲットは100%仕留める超A級の暗殺者ジョー。協力者を含めて証拠は全て消し去り、依頼者にも姿を見せない、完全無欠で冷酷非情な男だ。プラハでの暗殺を完了した彼は引退を決意し、次のバンコクでの4件の暗殺を最後の仕事に決めた。依頼主は暗黒街の大物。ジョニーは依頼通り完璧に殺しをキメてゆくが、自らに禁じていた他者との関わりが計画を狂わせ、ついに彼を壮絶な戦いへと追い込んでゆく…。


【レビュー】

色々とプロットに無理がある映画です。

監督がホラー映画を数多く撮るものの、鳴かず飛ばずが続いているザ・パン・ブラザーズ(兄:オキサイド・パン、弟:ダニー・パン)で、製作にニコラス・ケイジとくれば、B級映画なのは確定的です。

最初からさほど期待しないで気楽に鑑賞した事もあり、ニコラス主演超B級映画の「ウィッカーマン」に比べれば随分とマシな内容でした。とはいえストーリーは大味ですしプロットも崩れており、決して良い出来とはいい難いのも事実です。

成功率100%の暗殺者が自ら決めた4か条の掟、“質問しない”“カタギと関わらない”“痕跡を残さない”“引き際を知る”を、引退間近とはいえことごとく破っていくその姿は滑稽以外の何者でもなく、ハードボイルドとは程遠い3流仕事人です。

他にも突っ込みどころ満載でしたが、ラストの銃撃戦は良く考えられていました。

明かりのない暗闇で相手に先に発砲させ、閃光で位置を把握して確実に仕留めていくガン・アクション。良くあるような激しい銃撃戦とせず、静と動を上手く組み合わせたマニア受けしそうなガン・アクションは良かったと思います。

ただ、それまでがいい加減だったために、ラストシーンは別に衝撃も受けず、感動もなかったのは残念です。

しかしニコラス・ケイジもだいぶ落ちぶれてしまいましたね。このままB級映画の帝王になるつもりなのでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.