TOPページ>CINEMA ROOM>フライトプラン
佐助の部屋_映画レビューRSS

フライトプラン

フライトプラン_ポスター
≫≫Amazonで調べる

FLIGHTPLAN

評価 ★★★★★|★
種別 アクション/サスペンス
製作年 2005
製作国 アメリカ
配給 Buena Vista International
監督 ロベルト・シュヴェンケ
出演 ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン、ピーター・サースガード、ケイト・ビーハン、エリカ・クリステンセン、マーリーン・ローストン
【ストーリー】

高度一万メートルの密室、一人の少女・・・。
??それは、史上最悪の飛行計画(フライトプラン)。

突然の夫の死によって、悲しみに打ちひしがれた航空機設計士カイルは、6歳の娘ジュリアを共に帰国の途に向かっていた。ベルリン発ニューヨーク行き、最新型エアジェット??だが、高度1万メートルの上空で、彼女の娘は忽然と姿を消した・・・。
しかし、乗客はおろか乗務員の誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことを認めない。必死に機内を探すカイル。その時、乗務員は彼女に恐るべき"真実"を告げる。
FAXで送られてきた記録によれば、ジュリアは6日前に夫と共に死亡していたというのだ・・・。けれどもカイルには、娘がこの旅客機に搭乗しているとしか思えない確かな証拠があった!
もはや誰一人として頼れる者はいない。愛する娘を取り戻すため、カイルの孤独な闘いは始まる。最新鋭の巨大旅客機は今、命をかけた戦場と化した!


【レビュー】

前半が全ての映画です。

とにかく前半のストーリー構成は良いと思います。見ている観客も「ジョディの妄想か?」と思ってしまいます。ジョディ・フォスターと言えばアカデミー賞を2度も受賞した実力派。憑き物がついたような演技も難なくこなし、我々も何となく騙されそうになってしまうのです。

ただその前半の出来が良いだけに、後半のいい加減なストーリー構成はどうなんでしょう。まるで別人が脚本を書いたかのような・・・。誰が犯人か想像もつかない前半から、犯人自らがトリックの全てをばらしてしまうこの急展開。そしてそこからは女性版ダイハードへと変貌していく・・・。

じつは思わせぶりな構成に振りすぎて解決への持っていき方が判らず、無理やりな展開にしたのではと疑っています。あそこまで観客を惑わせたのだからせめて「24」のように息もつかせぬ目まぐるしい展開にして欲しかったです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.