TOPページ>CINEMA ROOM>トリック 劇場版
佐助の部屋_映画レビューRSS

トリック 劇場版

トリック 劇場版_ポスター
≫≫Amazonで調べる

TRICK

評価 ★★★★★
種別 コメディ/ミステリー
製作年 2002
製作国 日本
配給 東宝
監督 堤幸彦
出演 仲間由紀恵、阿部寛、野際陽子、生瀬勝久、伊武雅刀、山下真司、芳本美代子、大島蓉子、竹中直人、ベンガル、石橋蓮司
【ストーリー】

糸節村という寒村では、300年に一度、大きな災いが襲うと言う。

自称売れっ子天才奇術師の奈緒子(仲間由紀恵)は、村人たちの不安を取り除くため神を演じてほしいと依頼を受ける。だが村で奈緒子を待っていたのは…。

何でも実体化する神、
足の裏に目を持つ神、
確率を支配する神、
彼らは皆、自分こそが神であると称していた。

次々と起こる不可思議な現象。追い詰められる奈緒子と天才物理学者・上田(阿部寛)。矢部刑事(生瀬勝久)、そして奈緒子の母里見(野際陽子)も加わり、事件は思わぬ方向へ…。
神は実在するのか?それとも全てトリックなのか!?


【レビュー】

クライマックスからショボさが目立ちだす映画です。

監督はテレビシリーズから引き続き堤幸彦。テレビのシリーズ物を劇場版にした場合、シリーズを見ていないと全く話に付いていけずに終わることが往々にしてありますが、この映画は初めて見る人にとってもそれなりに人物像や背景が分かるように作られていて楽しめるのがとても良いと思います。

また最初から最後までコミカルさとお約束過ぎるギャグを連発し、完全にのんびりマッタリモードに突入出来るのもこの作品の特徴なので、そのあたりも巧く誘導できていたと思います。例え殺人事件が起きたとしても、見ている方は何となく舞台演技を見ているような感覚にとらわれるので、サスペンス性など有って無いようなも。これが良かったどうかは見る人により意見は別れるでしょう。

しかし、お金を払って見に行くような映画かと言われると、私は「否」。

DVDを借りるか、テレビで放映してくれたら見る程度ではないかと思います。どうみても劇場版としてはスケールが小さい。精々2時間ドラマスペシャル程度の内容でしかないと思います。

別にアクション性を求めているわけではありませんので、それは無くても構わないのですが、ストーリーもさることながら、セットからCG処理に至るまでとにかくチープなのです。特にクライマックスあたりになると、もうウルトラマンの特撮映像を見ているのでは無いかと錯覚してしまうほどにチープさ全開。幾らなんでもあれは無いでしょう。そこまで予算的に厳しかったのでしょうか・・・。

ただし、奈緒子(仲間由紀恵)と上田(阿部寛)の見せるトリック破りや、逆に仕掛けるトリックは素直に面白かったです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.