TOPページ>CINEMA ROOM>タイタンの戦い
佐助の部屋_映画レビューRSS

タイタンの戦い

タイタンの戦い_ポスター
≫≫Amazon で調べる

CLASH OF THE TITANS

評価 ★★★★★|
種別 アクション/アドベンチャー/ファンタジー
製作年 2010
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 ルイ・ルテリエ
出演 サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、アレクサ・ダヴァロス、ポリー・ウォーカー
【ストーリー】

神も、魔物も、そして運命さえも打ち負かせ。

神と人間の、世界の存亡をかけた運命の戦いが始まる――。

古代ギリシャ世界。己の欲望を満たすため、神々は権力争いにあけくれていた。ある日、人間の王が横暴な神に反乱を起こす。彼らの宣戦布告に激怒した天上の創造神ゼウスは、冥界の王ハデスと魔物たちを地上に解き放つ。人類の破滅へのカウントダウンが鳴り響くなか、一人の男が立ち上がった。神の血を引く男、ペルセウスだ。愛する家族を神に殺され、復讐を誓った彼の前に、神々が創り出した数々の魔物が立ちふさがる。神vs人間、世界の存亡をかけた戦いの行方は――!?


【レビュー】

迫力は満点。しかし流石に大味過ぎた感は否めない映画です。

「タイタンの戦い」は1981年デズモンド・デイヴィス監督が作成し、一度公開されたギリシャ神話を題材としたファンタジー大作で、今回のはCGを駆使した3D映像が売りのリメイク版です。

監督は「トランスポーター」「トランスポーター2」のルイ・ルテリエ。この2作は私の中では一応B級映画ですが、B級としてみた場合は充分楽しめる内容でした。しかし彼が今回メガホンをとったのがA級超大作。CMも大々的にでした。

確かに主演に「ターミネーター4」や「アバター」などで急上昇中のサム・ワーシントンを起用し、回りをリーアム・ニーソン、レイフ・ファインズなどベテランで固める布陣を擁し、「アバター」よろしく3D満載の迫力満点映画ですからCMにも力が入ります。

当然ファンタジー好きの私としては公開前から期待が膨らむ一品でしたが、鑑賞した後の感想は「随分と大味な上にストーリーが単調」です。

まあ、かなり有名なギリシャ神話の一節ですからストーリー自体に目新しさが無いのは仕方ありませんが、CMで大々的に放送されていたクラーケンとの戦いよりも、サソリやメデューサとの戦いはスピード感と迫力のに満ちており興奮します。

ただ、この2つの戦いに時間を掛けすぎせいなのか、そもそもクラーケンとの戦いは3D映像による“高速空中飛行体験”のためだったのか真意は不明ですが、クライマックスは呆気なく終了。ちょっとこれは肩透かしを食らった感じでした。

あとは、これ以上はネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、とにかくオリュンポス神殿にいるゼウス達神々が輝き過ぎです。流石は「聖闘士星矢」の大ファンだと公言する監督だけの事はあります。

それと3D映像に関してですが、映像自体「アバター」ほどの奥行き感は有りませんので2D映像で充分だと思います。むしろ2Dで見たほうが目には優しいかもしれませんね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.