TOPページ>CINEMA ROOM>キングダム/見えざる敵
佐助の部屋_映画レビューRSS

キングダム/見えざる敵

キングダム/見えざる敵_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE KINGDOM

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/サスペンス/ドラマ
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 ピーター・バーグ
出演 ジェイミー・フォックス、クリス・クーパー、ジェニファー・ガーナー、アシュラフ・バルフム、ジェイソン・ベイトマン、アリ・スリマン、ジェレミー・ピヴェン
【ストーリー】

サウジアラビアの首都リヤドの外国人居住区で自爆テロが発生した。
300人以上の犠牲者の中にはFBI捜査官も含まれていた。

アメリカで同僚の悲報を受けたFBI捜査官フルーリーは首謀者がアルカイダと関係のあるアブ・ハムザと推察、現地捜査を願い出る。
だが穏便な解決を求める両国はその希望を却下した。

やがて独自の方法で、たった5日の捜査期間を奪取した彼は、法医学調査官のメイズ、爆発物専門家のサイクス、情報分析官のレビットを連れ、彼らにとって総てが禁断とされる王国<キングダム>に潜入した!

世界中の思惑が複雑に絡み合うサウジアラビア。
彼らの命もまた、入国の瞬間から危険に晒されていた・・・!!


【レビュー】

ラストのセリフに総てが集約された映画です。

監督はピーター・バーグですが、製作はマイケル・マンということでサスペンスはお手の物、さらにガン・アクションは得意中の得意とあって、本作品でもその能力を遺憾なく発揮しています。

また日本人には分かりにくい、絶対君主制をとるイスラム圏のサウジと民主主義の代表でキリスト圏の米国との微妙な関係を、オープニングでとても分かり易く説明する手法は秀逸です。中東絡みの映画を今後見ていくならば、ここを見るだけでも価値があると思います。

ただ違和感を覚えたのは手に汗握るガン・アクションのシーン。それ自体はとても見ごたえのあるシーンで、ズームとパンを上手く使いわけるアクション・カットは見事としか言いようがありませんが、それぞれ専門分野のエース級であるFBI捜査官達が特殊部隊よろしく活躍してしまうのは、この映画全体を通してバランスが悪い気がしました。

このシーンのバランスが良ければ社会派娯楽アクションでは無く、社会派ドラマとして地位を確立したかも知れません。

なお、とかく「テロ・中東・アルカイダ」と言ったキーワードを扱う映画は、アメリカ主義で作られたものが多いなかで、この映画は若干毛色が違う路線を目指しているようです。

確かに終盤まではアメリカ人に受けが良い作りになっていますが、「戦いの連鎖」を象徴する最後のセリフは、そんな娯楽要素を総て吹き飛ばす爆弾のようです。この映画全体の構成が、最後のセリフに仕掛けた爆弾に観客を向かわせるように仕組まれている気がします。

その引き金となるキーアイテムは「飴玉とビー玉」といったところでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.