TOPページ>CINEMA ROOM>ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人_ポスター
≫≫Amazonで調べる

HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/ファンタジー
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 アルフォンソ・キュアロン
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、ロビー・コルトレーン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス
【ストーリー】

ホグワーツ魔法学校の新学期。街では危険な脱獄囚シリウス・ブラックの話題で持ちきりだった。噂によると、ブラックはハリーの両親をヴォルデモード卿に引き渡し、死に追いやった張本人。そして、今度はハリーの行方を追っている。ダンブルドア校長は、アズカバン牢獄の看守、ディメンダーを見張りに立てるが、彼らの闇の力はハリーにも影響を及ぼしていた。新任教師ルーピンから、魔力に対する防衛術を学んだハリーだが、ブラックの影はすぐそこまで近づいていた。


【レビュー】

監督が前作までのクリス・コロンバスからリトル・プリンセスの監督アルフォンソ・キュアロンに変更。またダンブルドア校長役も前作が遺作となったリチャード・ハリスからマイケル・ガンボンになり心機一転。今まで以上に分厚い原作をどう料理したのか、今までで最も上映時間が短い142分の仕上がりでした。

で、内容なのですが、まあハリー・ポッターシリーズの宿命とも言えるエピソードのオンパレードは健在でしたが、前作までよりはうまくまとまっているのか、今までで一番頭が困惑しませんでした。もしかしたら私が慣れたのかも?

アズカバンからの脱獄囚シリウス・ブラックを演じたゲイリー・オールドマンが中々に演技がうまく(悪役顔があう?)原作を読んでいない私は、最期まで凶悪犯だと信じきっていました。また、アズカバンの看守であるディメンターは非常に恐ろしげに描かれており、それだけで十分にホラー映画気分を味わえます。

今作からロンとハーマイオニーとの微妙な関係が意識されてきていますので、次回作あたりで進展するかもしれません。ちょっと楽しみですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.