TOPページ>CINEMA ROOM>シービスケット
佐助の部屋_映画レビューRSS

シービスケット

シービスケット_ポスター
≫≫Amazonで調べる

SEABISCUIT

評価 ★★★★★|★
種別 ドラマ
製作年 2003
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 ゲイリー・ロス
出演 トビー・マグワイア、ジェフ・ブリッジス、クリス・クーパー、エリザベス・バンクス、ウィリアム・H・メイシー、ゲイリー・スティーヴンス
【ストーリー】

時は1930年代、舞台は世界恐慌にあえぐアメリカ。親に捨てられ青年騎手レッド(トビー・マグワイア)、時代から取り残された調教師のスミス(クリス・クーパー)、最愛の息子を亡くした大富豪ハワード(ジェフ・ブリッジス)・・・・。心に深い傷を負った3人の男たちは、1頭の足の曲がった小柄なサラブレッド《シービスケット》に導かれる様にして出逢い、家族同様の強い絆で結ばれ、生きる希望を見出してゆく。逆境を跳ね返すかのごとく、連戦連勝の快進撃を重ねる《シービスケット》。子供や女性もが競馬場に駆けつけ、国民はラジオ中継に釘付け。やがて《シービスケット》は、“貧しき者たちのヒーロー”と目されるようになる。だがそんなおり、レッドは乗馬事故で再起不能の重傷を負い、《シービスケット》もまた、競走馬として致命的なケガに見舞われる。かくして、彼らの奇跡にも似た再起への闘いが、今、幕を開けるのだった・・・・・。


【レビュー】

古き良き時代を彷彿とさせるサクセス・ストーリーです。

主役を演じたトビー・マグワイアは、「スパイダーマン」の主役への抜擢で一躍スターに躍り出ましたが、元々表情が豊かな役者と言うこともあって、弱者の立場にある傷ついたジョッキー役を見事にこなしていました。

さらに光った演技を見せたのが老調教師トムを演じたクリス・クーパーです。やや険のある顔立ちから悪役系の出演が多い彼ですが、そんな雰囲気は微塵も感じさせない見事な演技で、変わり者調教師を演じています。

この作品は序盤に主要人物の過去を丹念に描いているため、スローテンポでストーリーが展開していくのですが、中盤でシービスケットが登場してからは徐々にアップテンポに変わって来るので、140分の長丁場もそれほど苦になりません。

特にジョッキーの目線で撮影されたレースシーンや、見上げる角度で撮影されたコーナーを駆け抜ける映像と合わせた、ダートを駆け抜ける馬群の足音などは臨場感たっぷりで、競馬ファンなら唸るようなサウンドで仕上がっています。

また競馬ファンならずとも、豊かな林野の木漏れ日の中をシービスケットが疾走するシーンなどは、浮き立つような新緑の映える映像で、それを見るだけでも価値があるかもしれません。

さらにこの映画には映像やサウンドだけでなく、現代人が忘れてしまった心のゆとりが有ります。“人間は常に失敗するもの”その事を思い出させてくれる良質の心温まる物語がこの映画の中にはありました。

一度や二度の失敗で切り捨てるのではなく、光るものを見つけたなら大事に育てる。それはいつか輝きに変わると信じて見守る余裕のあった時代。

そんな心に余裕の有った古き良き時代の再来を思わず願ってしまうような映画です。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.