TOPページ>CINEMA ROOM>スターウォーズ・エピソード1 ファントム・メナス
佐助の部屋_映画レビューRSS

スターウォーズ・エピソード1 ファントム・メナス

スターウォーズ・エピソード1 ファントム・メナス_ポスター
≫≫Amazonで調べる

STAR WARS EPISODE 1 The Phantom Menace

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/アクション/アドベンチャー/ファンタジー
製作年 1999
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ジョージ・ルーカス
出演 リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、サムミュエル・L・ジャクソン
【ストーリー】

遠い昔、はるかかなたの銀河系で・・・
銀河強化国を混乱が襲った。
辺境の星との交易に税を課すべきか否か、貪欲な通商連合は、武力での字体解決を図りバトルシップ艦隊を出動。小惑星ナブーへの航路を封鎖してしまった。
この非常事態に共和国議会は果てしない討議を繰り返すばかり。
共和国最高議長は事態打開のために、平和と正義の守護者ジェダイの騎士2人をひそかに通商連合側に派遣した。


【レビュー】

素直に面白い映画です。

今更、スターウォーズって何だ?というような人は殆ど居ないこの時代に、敢えて世に出ている3部作の、そこに至るまでをまた3部作で作る。非常に厳しい挑戦なのはルーカスも十分に承知している事です。当然のように前作(時代構成では新3部作の後)を超えなければなりません。

当初アメリカで公開されたとき、かなり悪評が多かったのですが、私が見た限りでは全然悪くないと思いました。そこそこのストーリー性とハリウッド最高水準のCGの数々、そして今回の見せ場である「ポッドレース」も、凄いスピード感で楽しめました。そしてなんと言っても、アナキン・スカイウォーカー役のジェイク・ロイドが良いです。屈託無い少年のようでいて薄っすらと影があり、将来彼がダース・ベーダーに成って行く複線を十分張れています。また非常に演技力があり、なぜ彼が「ワースト助演男優賞」にノミネートされたのか疑問です。同時期に放映された「シックス・センス」のオスメントと共に子役賞を分けると思っていましたし・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.