TOPページ>CINEMA ROOM>英雄
佐助の部屋_映画レビューRSS

英雄

英雄_ポスター
≫≫Amazonで調べる

HERO

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/ドラマ
製作年 2003
製作国 香港/中国
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 チャン・イーモウ
出演 ジェット・リー、トニー・レオン、マギー・チャン、チャン・ツィイー、チャン・ダオミン、ドニー・イェン
【ストーリー】

紀元前200年、戦乱のさなかにある中国。のちに始皇帝と呼ばれる事になる秦王(チェン・ダオミン)のもとに、一人の男がやってくる。男が手にしているのは、一本の槍と、二振りの剣。それぞれには、中国全土の中でも最強と言われる三人の暗殺者の名が刻まれていた。絶え間なく命を狙ってくる暗殺者たちを避けるため、百歩以内の距離には誰も近づけようとしない秦王。その秦王への拝謁を許されたこの男の名は「無名」(ジェット・リー)。秦で一番小さな村の官吏である無名は、十年の歳月をかけ、十歩の距離まで近づけばどんな相手でも一撃のもとに倒すことのできる剣術”十歩一殺”を磨いてきた。その技で、持参した槍を剣の持ち主である三人の刺客を殺し、その功績により秦王への拝謁を許されたのだった。
秦王は、特別に三十歩の距離まで近づく事を無名に許す。無名に、三人の刺客を討ち取った経緯を話すよう促す秦王。無名は語り始める。一人目の刺客、長空(ドニー・イェン)を雨の滴る棋館で討ったこと。それが、壮絶でありながらも青謐な戦いであったこと。
長空を討った功績により、無名はあと十歩、秦王に近づくことが許される。秦王は言う。「残りの二人、残剣(トニー・レオン)を飛雪(マギー・チャン)はどうやって討ったのか」無名の口から語られる、愛と嫉妬と死の物語。梅井は飛雪がかつて一度だけ長空と過ちを犯したこと、そして、残剣の弟子で侍女の如月(チャン・ツィイー)が残剣を慕っていつことを利用して二人を討ったことを説明する。
この二人を討った功績で、無名はさらに十歩、秦王に近づく事が許された。そのとき、秦王の口から意外な言葉がもれる。
「お前は嘘をついている。あの二人にかつて私は相まみえている。彼らは嫉妬で身を滅ぼすような人間ではない。それに... ..お前は本当は何者なのだ。田舎の官吏などではないな?」
秦王と無名を隔てる距離はわずか十歩。その言葉を聞いた無名が、顔色ひとつ変える事なく語り始めた物語とは......!?


【レビュー】

とにかく飛ぶ飛ぶ飛ぶ。

戦闘シーンのワイヤーアクションは圧巻です(笑。東洋のマトリックスと言われるだけのことはあり、まず彼らは何万本の矢が降ろうとも死ぬことはないでしょう。まさにヒーロー(英雄)です。

随所に織り込まれたスロー映像と洗練された効果音。序盤のスローテンポから、中盤・終盤にかけてのアップテンポへの変化が緊張感あふれる展開へと見るものを引き込む、非常に良く出来た構成になっていて、エンターテインメントとしても十分楽しめると思います。

ただし表面上の映像美とワイヤーアクションに惑わされてはならないほど、この話は奥が深く「人間の本質」に迫っていると思います。テーマは「信頼と自己犠牲」ではないでしょうか。剣の道を極める者達の相手の本質を見抜く洞察力とそこから生まれる信頼の念。その思いがラストに凝縮されていると私には感じられました。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.