TOPページ>CINEMA ROOM>インサイド・マン
佐助の部屋_映画レビューRSS

インサイド・マン

インサイド・マン_ポスター
≫≫Amazonで調べる

INSIDE MAN

評価 ★★★★★|★★★
種別 クライム/サスペンス
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 スパイク・リー
出演 デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、ウィレム・デフォー、クリストファー・プラマー、カルロス・アンドレス・ゴメス
【ストーリー】

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生!頭脳明晰な犯人グループのリーダー、ダルトンは人質全員に自分達と同じ格好をさせ捜査を撹乱する。交渉の糸口が見つからず当惑する捜査官フレイジャー。「奴らの目的は何なのか?何かがおかしい・・・」。女弁護士ホワイトが犯人との交渉役として現れる。前代見聞の“完全犯罪”の謎とは―!


【レビュー】

まさにスパイク・リー監督映画です。

この映画の監督は長年人種差別を題材とした社会派映画を世の中に送り出し続けていた事で有名で、代表作にデンゼル・ワシントンを主演に迎えた「マルコムX」が有ります。

今回のインサイド・マンでは全く人種差別など関係ないだろうと思っていましたが、世界の縮図のようなニューヨーク・マンハッタンで実に見事なまでに人種差別への痛烈な批判を披露していました。それもメインストーリーにさり気なく絡んでくるような方法で・・。

スパイク・リーを知らない人には、ただのワンシーンでしかないようなさり気なさが憎らしいまでに巧妙すぎて脱帽しました。さらに監督が特注したゲームを黒人少年にやらせているシーンでは、暴力シーンを数多く含む昨今のゲームに対して警鐘を鳴らしており考えさせられます。

しかしこれらのさり気ない日常が織り込まれる事が映画全体への深みを与えており、ただの能天気な完全犯罪映画で終わらせていないのは紛れもない事実だと思います。

最初はどのように強盗側が完全犯罪を仕掛け、それを警察側がほころびを見つけて「完全」を突き崩していくところに、辣腕弁護士がいかに絡んでくるのかと期待してみていましたが、気が付けば強盗側に感情移入して最後は巧くいって欲しいと思うようになっていたのは驚きです。

また、これほど謎を残したまま幕をおろす映画も少ないですが、ストレスがほとんど残らないのも、これはもう監督の手腕とそれを支えたそうそうたる演技派俳優達の力量でしょう。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.