TOPページ>CINEMA ROOM>マトリックス レボリューションズ
佐助の部屋_映画レビューRSS

マトリックス レボリューションズ

マトリックス レボリューションズ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE MATRIX REVOLUTIONS

評価 ★★★
種別 SF/アクション/サスペンス
製作年 2003
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 ラリー・ウォシャウスキー & アンディ・ウォシャウスキー
出演 キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング、ジャダ・ピンケット・スミス
【ストーリー】

始まりがあるものにはすべて終わりがある。
「マトリックス」冒頭で現実世界への旅とともに始まった真実の探求も、この最終章でさらに深まる。だが、その過程でパワーを使い果たしたネオは、マトリックスと現実の間にある無人地帯に取り残される。眠り続けるネオを必至の思いで見守るトリニティー(キャリー=アン・モス)。一方、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)は、自分の命を預けるに足ると信じてきた”預言者”がマトリックスの設計者/アーキテクトによって作り出された1つのコントロール・システムにすぎないという思わぬ事実に打ちのめされまいともがき苦しんでいた。人類とマシンの長い戦いは結末に向けて怒涛の展開を見せる。センティネルズがザイオンに向かって突き進む中、勇敢な市民の志願者に支えられたザイオン軍はセンティネルズの侵略を阻もうと必至の攻防を試みる。ならず者プログラムとなったスミス(ヒューゴ・ウィービング)がホバークラフト艦隊の乗員ベインに乗り移った。マシンにさえ制御不能となったスミスは、今や現実世界とマトリックス、さらにはマシン帝国をも破壊しようとする脅威となっていた。そんな中預言者/オラクル(メアリー・アリス)はネオに最後の導きの言葉を告げる。ネオは彼女がプログラムの一つであり、その言葉はマトリックスの壮大な計画における虚偽の一つかもしれないと知りながらも、彼女の言葉を受け入れる。ナイオビ(ジャダ・ピンケット・スミス)の助けを得て、ネオとトリニティーはマシン・シティーの心臓部に行くことを決意。機械化された広大な都市でネオはマシン世界の究極のパワー、デウス・エクス・マキナと対峙し、滅びゆくザイオンにとって最後の望みである取引をも申し出る。戦いは今夜終わる。ネオの運命と2つの文明<マシンと人類>の未来は、ネオとスミスの最後の対決にすべて委ねられた。


【レビュー】

覚悟はして映画館に行ったけど・・・。

マトリックス3部作の最終章。全てがここで幕を閉じる。

なのになぜか殆どマトリックスが出てきません。現実世界のザイオンにセンティネルの大群が総攻撃を仕掛けている時にも主人公たちは出てきません。そしてモーフィアスは完全にチョイ役と化し殆ど出番もありません。リローデッドで出てきたツインズは結局今回は全く出番が無く、彼らはいったい何だったのでしょうか・・・。

マトリックスの醍醐味の一つである、仮想世界での派手な戦闘が今回はなりを潜め、最期のスミスとの戦いしか出てきません。かと言って第1話で収束させたストーリーを第2部のリローデットで壮大に広げた後始末が、今回の最大のテーマのはずですが、それもとっ散らかってしまって、取りあえずスミスとの戦闘で全部締めくくっているところにもかなり無理があると思います。とにかく発散しっぱなしです。

映画館に行く必要は有りません。ビデオで十分な終わり方です。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.