TOPページ>CINEMA ROOM>ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団_ポスター
≫≫Amazonで調べる

HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX

評価 ★★★★★|★★
種別 アドベンチャー/サスペンス/ファンタジー
製作年 2007
製作国 イギリス/アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 デヴィッド・イェーツ
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・ガンボン、レイフ・ファインズ、ゲイリー・オールドマン、イメルダ・スタウントン
【ストーリー】

 ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の5年生になる日を心待ちにしながら、長く孤独な夏を耐えていた。底意地の悪いダーズリー一家と一つ屋根の下にいるだけでもつらいのに、クラスメートはおろか、親友のロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーからも便りがない。それどころか、ヴォルデモート卿と対面したあの日以来、ハリーに話しかけてくる者は誰一人いないのだ。ようやく一通の手紙が届いたが、楽しいことが書いてあるわけではない??それは、ホグワーツから除籍されるという通知だった。除籍の理由はホグワーツ以外の場所で、しかも魔法の使えない”マグル”の前で、魔法を行使したこと。この場合のマグルとは、いじめっ子のいとこ、ダドリー・ダーズリーである。ハリーとダドリーは2人組のディメンター(アズカバンの看守で吸血鬼)から奇襲を受け、ハリーはやむなく応戦した。いわば正当防衛だ・・・。


【レビュー】

前作に輪をかけて暗い雰囲気になった映画です。

ついにシリーズ5作目となった本作。今回メガホンを取ったデヴィッド・イェーツ監督でなんと監督も4人目となり、まるで最終章の監督には誰がふさわしいのかをテストしているのでは無いかと、勘ぐりたくなるほど目まぐるしく変わります。ちなみに彼は今回が映画初監督でした。

前作の「ハリー・ポターと炎のゴブレット」ではシリーズ初の死者が出て、ついに闇との戦いの様相を呈してきたわけですが、今回も冒頭からその雰囲気を引きずり、一貫して最後まで何となく重苦しい空気を漂わせていました。そして今回もハリーにとってとても重要な人物がこの世を去ると言う悲しい出来事が起こります。まあ原作者のJ・K・ローリングは「どんどん暗くなります」と宣言していましたので当然と言えば当然なのですが。

原作を読んでいる方から見れば、細部を端折り過ぎていて納得の行かない出来なのだろうと思いましたが、原作を読んでいない私にとっては、ストーリーも割りと判りやすく整理されており頭にもすんなりと入ってきたのでストレスは感じませんでしたので、一般大衆用娯楽映画としてはまずまずの評価です。またヘレナ・ボナム=カーターの演技が非常に良かった点も評価できます。

しかしながら進展が有ったのか無かったのか今一釈然としない内容だったのが残念です。この「不死鳥の騎士団」は魔法学校5年生での出来事として製作されたので、次回作は6年生になるのでしょうか・・・。前作の4年生でヴォルデモート卿が復活し、今作の5年生で「不死鳥の騎士団」が活躍するエピソード。もし次回作が6年生だったら随分とのんびりした闇の魔法使いですね。

それと今回138分という長編映画に色々詰め込んだのはマイナス点だと思います。特にハリーとチョウのメロドラマは惹かれた理由も不明で、またその後の展開も微妙すぎて宙ぶらりん状態なので、恋愛部分は完全に変更してしまっても良かったのではないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.