TOPページ>CINEMA ROOM>NEXT -ネクスト-
佐助の部屋_映画レビューRSS

NEXT -ネクスト-

NEXT -ネクスト-_ポスター
≫≫Amazonで調べる

NEXT

評価 ★★★★
種別 SF/アクション/サスペンス
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 GAGA Communications Inc.
監督 リー・タマホリ
出演 ニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア、ジェシカ・ビール、トーマス・クレッチマン、トリー・キトルズ、ピーター・フォーク
【ストーリー】

わずか2分だけの予知能力で、世界が救えるのか?
予知能力を持つ男。見えるのは自分の未来。そして、LAを脅かす核爆弾テロ。

予知能力を持つ男、クリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)。だが、彼に見えるのは、たった〈2分先〉の未来だけ。しかも、それは自分に関わる未来のみ。その才能を隠しながら、クリスはみすぼらしいラスベガスのクラブでマジック・ショーを行う日々を過ごしていた。
そんな折、LA史上最悪の事件が勃発。テロリストグループがLAに潜入、核爆弾をどこかに仕掛けたのだ。FBIのカリー・フェリス(ジュリアン・ムーア)は、この大量殺戮を防ぐため、クリスの予知能力に目をつけ、事件解決に利用しようとする。自分の能力を利用され、縛られるのを嫌うクリスだが、彼の最愛の恋人リズ(ジェシカ・ビール)がテロリストグループに捕らわれてしまったことから、この史上最悪の事件解決へと力を貸すこととなる…。


【レビュー】

“わずか2分だけの予知能力”の枠を超えた時点で面白みも半減です。

ニコラス・ケイジが出演する映画は非常にブレが大きいと思うのは私だけではないと思いますが、この映画はどちらかと言うと“下ブレ”だと思います。まあ「ウィッカーマン」に比べたら大分ましなんですけどね。

この映画の魅力は“わずか2分だけの予知能力”に有るわけで、その“たった2分”の能力で綿密に練られた核爆弾テロをどうやって阻止するのかに期待するわけですが、その安全弁をリズ(ジェシカ・ビール)と言う女性の鍵を使って開放してしまった設定が頂けないばかりで無く、ご法度の“落ち”を最後に使ってしまったのが最悪です。

そこにこの“しばり”を使いこなす事に対する製作者側の敗北を見てしまったので、序盤から中盤にかけてワクワクさせられた分、落胆も大きくなりました。

さらにその醜態をどのように修復して解決するのかと思いきや終劇。観客にその後は想像させようと言う製作者側の意図があるにせよ、私が感じ取ったのは“ギブアップ”に近い印象でした。何と言う尻切れトンボでしょうか。

ちゃんと見所は有ります。特に冒頭の計算し尽くされた“カジノからの脱出劇”や、リズをクリス(ニコラス・ケイジ)が口説くシーンなど、彼の能力を最大限駆使した作りでしたし、アクション・シーンも迫力が有り良く出来ていると思います。

それだけに最後の落ちは落胆が大きかったですね。

一応フィリップ・K・ディックの『ゴールデン・マン』が原作のようで、私は未読なので全く分かりませんが、原作もこんな内容なのでしょうか・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.