TOPページ>CINEMA ROOM>ファイト・クラブ
佐助の部屋_映画レビューRSS

ファイト・クラブ

ファイト・クラブ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

FIGHT CLUB

評価 ★★★★★|★★
種別 サスペンス/バイオレンス
製作年 1999
製作国 アメリカ
配給 Asmik Ace Entertainment Inc
監督 デイビッド・フィンチャー
出演 エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム=カーター 、ミート・ローフ・アディ、ジャレッド・レトー
【ストーリー】

ジャックは保険会社に勤めるヤング・エグゼクティブ。ここ数カ月は不眠症に悩み、さまざまな病気を抱える人々が集まる「支援の会」に通い始め、そこで泣くことに快感を覚えるように。ある時、やはり「支援の会」中毒の女、マーラに出会い、電話番号を交換する。出張先の飛行機でジャックはタイラーと知り合う。フライトから帰ってくるとなぜかアパートの部屋は爆破されており、ジャックは仕方なくタイラーの家に泊めてもらうが、タイラーは自分を力いっぱい殴れという…。


【レビュー】

どんな話になるのか全く想像がつかない映画です。

極度の不眠症で大手自動車メーカに勤める平凡なサラリーマンがタイラーと出会い、ただ殴りあうためのファイト・クラブを設立。ここまでは属社会で溜め込むストレスを拳と拳をぶつけ合うことで解消するための秘密の会合なのですが、これが徐々に秘密結社に。「プロジェクト・メイヘム」が始動し始めた頃から、なんか変な流れになってきたとは思いましたが、本当に終盤近くまで、登場人物達には騙されました。なるほど、あのオフィスでの上司とのやり取りがこう言う伏線になっていたとは。そう言う意味で本作品は非常に巧妙かつ洗練された脚本だといえます。

原作はチャック・パラニュークの「ファイト・クラブ」で、色々と原作とは変更点があるようですが、この映画自体ずいぶんと完成されていますので比較する意味はないでしょう。

因みにこの映画の主人公=エドワード・ノートンの役には名前が無い事に気が付いていましたか?色々なサイトやDVDの説明でさえ、「ジャック」と紹介されていますが、エンドロールでも「Narrator: Edward Norton」と出ています。つまり彼はナレータなのです。廃屋で見つけた本に一人称で紹介されていた「俺はジャックの脳の延髄です」の一節を使い、以後なんとなく「ジャック」になりました。この辺りにも伏線が張られていたようですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.