TOPページ>CINEMA ROOM>アドレナリン
佐助の部屋_映画レビューRSS

アドレナリン

アドレナリン_ポスター
≫≫Amazonで調べる

CRANK

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/クライム/サスペンス
製作年 2006
製作国 アメリカ/イギリス
配給 Universal Studios
監督 ブライアン・テイラー/ネヴェルダイン
出演 ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、ホセ・パブロ・カンティージョ、エフレン・ラミレッツ、ドワイト・ヨーカム、カルロス・サンス
【ストーリー】

シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、ロサンゼルス最大のマフィアに雇われているフリーのスナイパー。ある朝目覚めると、宿敵リッキー・ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティーロ)から信じられないメッセージが残されていた。「眠っている間にある毒を盛ったぜ! お前はあと1時間しか生きられない!!」。知り合いの医者に相談すると、「体内にアドレナリンを出し続ければ、毒の作用を止められる!」と告げられる。興奮することを余儀なくされたシェブ。さらに恋人のイヴ(エイミー・スマート)も標的になっていることを知った彼は、急いでイヴのもとへ・・・シェブは復讐を果たし、解毒剤を手に入れることができるのか?


【レビュー】

はっきり言ってお馬鹿な映画です。

この映画を金を払ってまで劇場に行くかと聞かれたら悩んでしまうところですが、テレビで放映するならまた見たいと思える映画です。

アドレナリンが減ると死に至る毒という荒唐無稽な設定からして、最初からB級映画確定路線を走っているを承知で鑑賞。過大な期待を全くしていなかった事も功を奏して楽しく鑑賞できました。

ポスターやパッケージのジェイソン・ステイサムのクールなショットとは全く逆の、とにかく最初から最後まで「お馬鹿」映画です。しかしここまで突き抜けてお馬鹿な設定に走ると、むしろ気分は爽快と言えます。

ネタバレしまくりたい衝動に駆られますが、ここはぐっと堪えて・・・。

ストリーなんて何も無いくらい空っぽで、目的は解毒剤を手に入れるまでひたすらアドレナリンを分泌し続けること。この一点のために何だってやってしまうチェリオス(ジェイソン・ステイサム)に目は釘付けです。見た事も無いようなラブシーンに思わず大笑い。本当にホームシアターで見てよかった。

トランスポーターも少しお馬鹿がかってて、彼の素質の片鱗が見えていましたが良くぞこんな映画への出演を決意したと、高く評価したいと思います。

さて、ここまで「お馬鹿映画」と良い意味でこき下ろして来ましたが、何気にこの映画はカメラワークが巧い。特に冒頭のチェリオス目線でのシーンは秀逸で、これが毒に冒されるって感覚なのか?と思ってしまうほどでした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.