TOPページ>CINEMA ROOM>交渉人・真下正義
佐助の部屋_映画レビューRSS

交渉人・真下正義

交渉人・真下正義_ポスター
≫≫Amazonで調べる

交渉人・真下正義

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/サスペンス
製作年 2005
製作国 日本
配給 東宝
監督 本広克行
出演 ユースケ・サンタマリア、寺島進、國村隼、小泉孝太郎、高杉亘、石井正則、柳葉敏郎、水野美紀
【ストーリー】

2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。 その事件直後、真下正義(ましたまさよし)警視は、湾岸署の前で、報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)として、事件解決の経過を説明していた・・・。
あれから1年・・・。
2004年12月24日、雪乃とクリスマス・イブのデートの約束をしていた警視庁交渉課準備室課長の真下は、その日の午後、突然、室井管理官から呼び出しを受ける。警視庁史上、最悪の緊急事態が発生。東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が何者かに乗っ取られたのだ。網のように張り巡らされた大都市・東京の地下鉄の盲点を突く犯行。乗降客200万人の命が、爆走するたった1両の車両によって危険にさらされる。犯人の狙いは、身代金?それとも・・・?理由なき犯罪に錯綜する捜査―。
そして、1年前の真下の報道陣へのインタビューを見ていた犯人が、交渉の窓口として、真下を指名してきたのだった・・・。
迷走する地下鉄全車両にも、時間的限界が迫りくる。
そして、大切な雪乃との約束の時間も刻一刻と迫っていた・・・。
真下は、事件を解決して、雪乃のもとへ会いにゆくことができるのか!?
そして、真下と雪乃の2人の恋の行方は!?乗降客200万人の命が真下の肩に託された。
かくして映画史上初となる首都・東京の地下鉄網を舞台にした息を呑む、
交渉人・真下と姿なき犯人の知能戦の火蓋がきって落とされる!


【レビュー】

踊るシリーズ番外編。今回の主役はユースケ・サンタマリア扮する交渉人:真下正義です。

スタッフは踊るシリーズそのままですので、それなりに完成度は高いです。本家踊るシリーズはそれなりにコメディ色が強いですが、この映画「交渉人・真下正義」は都市型テロを題材にしたは本格的なサスペンスに仕上がっています。そもそも東京の地下を犯人がハイジャックし操作するハイテック特殊試験車両が、縦横無尽に走り回ると言う設定が中々に良いアイデアですし、最期まで犯人像が判らないのもミステリアスで良い感じでした。

またこの映画ではハイテク世代とローテク世代の融合が実に見事に描かれています。コンピュータ任せのハイテクの脆さと、人間の長年の経験と知恵の大切さを訴えているように思えます。(電気切れたら終わりですからね)是非この続編を出して頂き、シリーズ化して欲しいものです。

因みに今回は、青島刑事もスリー・アミーゴスも出てきませんので、そのあたりを期待するのはやめましょう。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.