TOPページ>CINEMA ROOM>Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼
佐助の部屋_映画レビューRSS

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼_ポスター
≫≫Amazonで調べる

MR. BROOKS

評価 ★★★★★|★★★
種別 クライム/サスペンス
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Presidio Corporation
監督 ブルース・A・エヴァンス
出演 ケヴィン・コスナー、ウィリアム・ハート、デイン・クック、デミ・ムーア、マージ・ヘルゲンバーガー、ダニエル・パナベイカー
【ストーリー】

オレゴン州ポートランドで、頭部に銃弾を浴びた若いカップルの全裸死体が発見された。現場に残されていたのは、被害者の血で捺された指紋。この2年間沈黙を保っていた“指紋の殺人鬼”が再び動き出した……。
指紋の殺人鬼の正体は地元のセレブリティとして名高い大物実業家アール・ブルックス(ケビン・コスナー)だった。家族思いの実業家にして、残忍な連続殺人鬼。それまで完璧にコントロールされていたブルックスの二重生活が思わぬミスにより綻び始める。カップル殺害の一部始終を、向かいのアパートに住むスミス(デイン・クック)に撮影されていたのだ。さらに“指紋の殺人鬼”逮捕に執念を燃やす女性刑事アトウッド(デミ・ムーア)も、着実にブルックスに迫ってきていた。もはや後戻りできないブルックスは、最後の完全犯罪を実行する決意を固めるのだが……。


【レビュー】

ケヴィン・コスナーの新たな一面が見られるサイコ・サスペンス映画です。

ケヴィンは基本的に悪役をほとんど演じない役者として私の中では認識されていましたが、この映画で連続殺人鬼を演じてから少しだけ見方が変わりました。

この映画の面白いところは、殺人鬼の人格と普段の実業家の人格を、別人を使って上手く分離しているところです。似たように多重人格を映像化した映画に「シークレット・ウィンドウ」が有りますが、本人が自覚していて二人三脚で職務を遂行するかの如く行う殺人は、初めてではないかと思います。

さらにこの殺人鬼であるアール・ブルックス(ケヴィン・コスナー)の設定が秀逸です。家族をとても大事にする実業家の一面や、標的を徹底的に調べ上げ、少しでも不安要素があれば決行しないなど、“デキル”ビジネスマンの側面は、不謹慎では有りますが、思わず惹きつけられてしまいます。

そんな彼の対極をなす人格が、ベテラン俳優ウィリアム・ハートが演じるマーシャルです。とにかく殺したくで仕方がない。そんな駄々っ子のような側面を見せつつも、抜け目のない警戒心を持ち、様々な局面で危険を察知してアールを助けます。

この二人(一人)の能力を上手く融合して行う仕事(殺人)は、本当にビジネスを見ているような錯覚に陥るほどで、表裏一体感がとても良く表現出来ていました。そういう意味では過去の殺人鬼を扱った映画とは一線を画すと思います。

最近は泣かず飛ばずのケヴィンでしたが、この映画でキャラクターの幅を広げて復活できたと思います。シリーズ化される事になればアール・ブルックスは、「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターと双璧をなす殺人鬼になるのではないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.