TOPページ>CINEMA ROOM>キング・コング
佐助の部屋_映画レビューRSS

キング・コング

キング・コング_ポスター
≫≫Amazonで調べる

KING KONG

評価 ★★★★★|★★★
種別 SF/アクション/アドベンチャー
製作年 2005
製作国 アメリカ/ニュージーランド
配給 United International Pictures
監督 ピーター・ジャクソン
出演 ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、コリン・ハンクス
【ストーリー】

1933年、大恐慌時代のアメリカ、ニューヨーク。売れない女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、芝居小屋が突然閉鎖になり路頭に迷う。切羽詰った彼女は露店商のリンゴを盗むが店主に見つかってしまう。そんなアンを救ったのは、映画作家を名乗るカール・デナム(ジャック・ブラック)だった。
自信とエネルギーに溢れた表情で、エンターテインメント産業で活躍する男を装うデナムだが、実は彼も出資者たちから見放され、撮影済みのフィルムを持ち逃げしている身だった。しかし、彼にはある企みがあった。偶然手にした秘密の地図、そこには時の流れから取り残された原始のままの島位置が記されている。そこで誰も見た事がない冒険映画を撮影する。それが彼にとっての最期の賭けだった。


【レビュー】

現代に蘇った普及の名作か!?

「キング・コング」と言えば恐らく映画ファンでなくてもかなりの人が名前くらいは知っているでしょう。1933年に製作された古典的SF怪獣映画で、エンパイアステートビルによじ登ったコングの絵は特に有名です。その名作を、アカデミー賞作品「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけたオスカー監督ピーター・ジャクソンが満を持してリメイク。何でも子供の頃からキング・コングを作りたいとの夢を持っていたとか。

で内容はどうかと言うと、「素晴らしい」の一言です。ストーリーはオリジナルにほぼ忠実に作られていますので変な着色が無く、オリジナルファンの方も十分楽しめますし、今回始めて見る人にも非常にわかり易く当時(1933年)の時代背景を説明しています。オリジナルは100分の映画だったのを今回は180分と言う長編物にしたわけですが、そのうち最初の60分近くを登場人物や時代背景の説明に裂き、どの年代の方々もすんなりと入れるように構成されています。この辺りの手腕は流石と言うべきでしょう。

またオリジナルへの敬意をさり気なく織り込んでいるのも憎いところです。あるシーンで「フェイ・レイ」「RKO」「クーパー」のキーワードが飛び出しますが、それぞれオリジナル版の「ヒロイン」「製作会社」「監督」そのものです。さらにVFXをふんだんに使い、当時では再現出来無かった恐竜との対決シーンにリアリティを持たせ、巨大甲虫の気持ち悪さ?もバッチリです。特に良かったのは悲しいラストシーンで、コングの最期を「瞳」だけで表現しきったことです。

こは本当に良かったです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.