TOPページ>CINEMA ROOM>アイ・ロボット
佐助の部屋_映画レビューRSS

アイ・ロボット

アイ・ロボット_ポスター
≫≫Amazonで調べる

I,ROBOT

評価 ★★★★★
種別 SF/アクション/サスペンス
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 アレックス・プロヤス
出演 ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、アラン・テューディック
【ストーリー】

今からわずか30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。そしてさらに、革新的な技術による新世代ロボットが登場し、新たなロボット社会の夜明けを迎えようとする直前、そのロボットの生みの親であり、ロボット工学の第一人者、アルフレッド・ラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)の殺人事件が起きる。容疑者は最新のNS-5型ロボットのサニー。”ロボット3原則”により、絶対に人間に危害を加えられないはずのロボットが犯人なのか?その謎を追及するシカゴ市警の刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)とロボット心理学者スーザン・カルヴァン博士(ブリジット・モイナハン)は、やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく・・・。


【レビュー】

これだけを見ていれば面白いかも。

とにかくストーリーや設定がどうにもオリジナリティに欠けている気がしてなりません。魂(ゴースト)を持つロボットなんて正に「攻殻機動隊」だし、監視制御プログラムが自我に芽生えるのも「攻殻」や「マトリックス」のパクリ(マトリックス自体が攻殻のパクリだが)としか思えません。「我はロボット」(原作:アイザック・アシモフ)のロボット3原則をベースに攻殻機動隊をブレンドしたって感じでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.