TOPページ>CINEMA ROOM>スターゲイト
佐助の部屋_映画レビューRSS

スターゲイト

スターゲイト_ポスター
≫≫Amazonで調べる

STARGATE

評価 ★★★★★|★
種別 SF/アドベンチャー
製作年 1994
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 カート・ラッセル、ジェームズ・スペイダー、ジェイ・デヴィッドソン、アレクシス・クルス、ヴィヴェカ・リンドフォース、ミリー・アヴィタル
【ストーリー】

エジプトで20世紀初頭に発見されたリング状の物体は、星間移動装置<スターゲイト>であることが判明する。ゲイトの謎を解いた言語学者ジャクソンは、オニール大佐が率いるプロジェクト・チームに加わって、ゲイトに足を踏み入れる。異次元空間を抜けて到着したそこには、未知の文明とサイコパワーを持つ守護神ラーが待ち受けていた……。


【レビュー】

ゲイトのアイデアが秀逸な映画です。

監督はこの映画の前にジャン=クロード・ヴァン・ダムとドルフ・ラングレンを戦わせてチョット売れた「ユニバーサル・ソルジャー」のローランド・エメリッヒ。なんでもこの「スターゲイト」は映画学校在籍中に思いついたのを監督として認められるまで暖めていたとか。

そして監督はこの作品の後に「インデペンデンス・デイ」で一躍スター監督に躍り出ることになります。

この映画の良いところは“スターゲイト”のアイデアです。エジプトのギザで発見されたとされるその円環状の構造物は、1万年以上前の創造物(オーパーツ)であるという設定と、側面に刻まれた見たことも無い記号(シェブロン)は謎に満ちていて見ている方は期待が膨らみます。

特に秀逸なのは、この“シェブロン”の謎解きに関するシークエンスと、ゲイトが開いた瞬間の特撮映像です。あの渦巻く水が吹き出るような描写と、穏やかに波打ちながら輝く水面のようなゲイトに調査部隊が入っていくシーンはとても神秘的でした。

そこから先は良くあるパターンなので特筆すべき点はさほど有りませんが、しいて言えば宇宙船の形状はなかなか合理的で良かったと思います。

反面残念だったところは、カート・ラッセル扮するオニール大佐の過去描写が少なくて、なぜ彼がこの部隊に復帰したのかを感情で理解することが出来なかったことでしょうか。この当りを丁寧に描いてあれば彼の取ろうとした行動にも納得がいったのではないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.