TOPページ>CINEMA ROOM>ヴァン・ヘルシング
佐助の部屋_映画レビューRSS

ヴァン・ヘルシング

ヴァン・ヘルシング_ポスター
≫≫Amazonで調べる

VAN HELSING

評価 ★★★★★|★
種別 アクション/アドベンチャー/ホラー
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 GAGA Communications Inc.
監督 スティーヴン・ソマーズ
出演 ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、リチャード・ロクスバーグ、デヴィッド・ウェンハム
【ストーリー】

19世紀、ヨーロッパ。夜の闇にモンスターの影がうごめいていた時代。ローマ・バチカンの秘密組織から命を受け、そのモンスターを狩る男がいた。男の名はヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)。彼の行く先々には必ず死体が残された。モンスターであることから開放された人間の死体が。彼はそのために各地でお尋ね者となり、また一方で謎に包まれた境遇から聖者とも呼ばれた。しかし、果たして彼が本当は何者であるのか、それは彼自身ですら知らない。過去の記憶の一切を失った彼は、その答えを探して、戦いと冒険の日々を続けているのだった。ある日、ヴァン・ヘルシングはバチカンの密命を受け、トランシルバニアへ旅立つ。彼の使命は、邪悪な力で世界を手中に収めようとするドラキュラ伯爵(リチャード・ロクスバーグ)を倒すこと。武器発明のエキスパートである修道僧カール(デヴィッド・ウェンハム)とともにトランシルバニアに赴いたヴァン・ヘルシングは、血に飢えたドラキュラの花嫁たちに襲われ、逃げまどう群衆に遭遇する。その群衆の中に、ただ一人、毅然として闘う美しい女性がいた。彼女の名はアナ(ケイト・ベッキンセール)。代々、ドラキュラと闘い続けてきたヴァレリアス一族の王女だった。そして彼女の兄ヴェルカン(ウィル・ケンプ)は、闘いのさなか、ウルフマンに変えられドラキュラ伯爵の手に落ちていた。突然現れたよそ者、ヴァン・ヘルシングを警戒し、反目するアナ。しかし、共通の敵、不死身のドラキュラを倒すため、二人は行動を共にすることになる。攻撃の手を休めないドラキュラの花嫁たちと激闘を繰り返すうちに、アナまでもが捕らえられてしまう。彼女を救うためにドラキュラが主催する舞踏会へと忍び込んだヴァン・ヘルシングは、そこでフランケンシュタイン(シュラー・ヘンズリー)がドラキュラの手に落ちたことを知る。人間が作り出したモンスターであるフランケンシュタインこそが、ドラキュラの世界征服の鍵だったのだ!彼はアナを助け出し、ドラキュラの野望を打ち砕くことができるのか?次第に明らかになるヴァン・ヘルシングの過去、そして、壮大なる冒険の結末は・・・?!


【レビュー】

素直に大衆娯楽として面白い映画です。

ヴァン・ヘルシングとは、ドラキュラ映画では有名なドラキュラの天敵で大抵の映画では老人の役です。ところが今回のヘルシングは若くて肉体派!

しかし・・・どう見ても菊池秀行原作の「ヴァンパイアハンター・D」に見えてしようがありません。黒ずくめの服にツバ広ハット、漆黒のマントに黒髪。そして何百年も生きていて(転生なのか?)ヴァンパイアを倒す宿命。

まあ、アメリカでもアニメ版「ヴァンパイアハンターD」は公開されていたし影響を受けた可能性もあるかもしれませんね。

しかし登場するモンスターが豪華ですね。ウルフマンにフランケンシュタイン、そしてモンスターでは無いがジキルとハイド。時代構成も何も無ありませんが、まあ娯楽映画ですから問題ないでしょう。

特撮も文句なし。というよりは特撮だらけで見ごたえは結構ありますよ。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.