TOPページ>CINEMA ROOM>バニラ・スカイ
佐助の部屋_映画レビューRSS

バニラ・スカイ

バニラ・スカイ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

VANILLA SKY

評価 ★★★★★|★★★
種別 サスペンス/ミステリー/ロマンス
製作年 2001
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 キャメロン・クロウ
出演 トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、カート・ラッセル、ジェイソン・リー
【ストーリー】

デヴィッド・エイムス(トム・クルーズ)は、マンハッタンの豪邸に住み、フェラーリを乗り回すニューヨーク出版界の若き実力者。ハンサムで裕福、カリスマ性に満ちた彼の存在は人々を魅了し、彼自身も自由奔放なプレイボーイを気取っていた。その日も、彼のベッドにはジュリー(キャメロン・ディアス)という魅力的な女性の姿が。ところが、デヴィッドは親友ブライアン(ジェイソン・リー)がパーティーに連れてきたガールフレンドのソフィア(ペネロペ・クルス)に、一目で心を奪われる。
デヴィッドの心変わりをジュリーが見抜くのは早かった。ジュリーは彼をドライブへと誘う。そして思い詰めたジュリーが運転する車は次の瞬間、崖にめがけて猛スピードで突っ込んでいた!
この事故が、彼の人生を大きく狂わせることになる。デヴィッドは一命こそ取りとめたものの、ハンサムだった顔が、見る影もない醜さに変貌してしまったのだ。絶望の中をさまよい続け、ついに元の顔を取り戻す方法を見いだしたデヴィッド。しかし、彼の運命はやがて、思わぬ方向へと転がり始める。ロマンス、セックス、疑惑、そして見果てぬ夢。予期せぬ人生のジェットコースターに突然、投げ込まれたデヴィッドは、愛の本質を求めながら旅を続けていく。そして、旅の終わりに彼が見たものは……。


【レビュー】

ちょっと脳が疲れる感じの映画です。

原作は1997年スペイン作の「オープン・ユア・アイズ」で、この「バニラ・スカイ」は何とその映画でヒロイン役だったペネロペ・クルスをそのまま起用。基本的なストーリーは原作そのままらしいのですが、私は原作を見ていませんので比較できません。で、この「バニラ・スカイ」は言うと、かなり良く出来たサスペンス/ロマンスだと思います。

ハンサムな顔を惜しげも無く醜く崩し、迫真に迫るトムの演技は非常にレベルが高く、またキャメロン・ディアス扮する怨念めいたジュリーと、ペネロペ・クルス扮する薄っすらとベールを被せたように微妙な存在感と母性を見せるソフィア。2人の女優が織成す独特の世界が非常に対照的でよかったです。

そして何処までが現実で何処からが夢なのか、この余りにも不明瞭な境界線が知らず知らずに脳へ錯覚を起させ、徐々に神経を麻痺させる独特の手法が監督キャメロン・クロウにより見事に体現されています。最期のくだりが無かったら、ストレスだけを植え付けるかなり劣悪な映画になるところですが、そこはしっかりとエレベータでの回顧でフォローされていますので、すっと胸が晴れる感覚で最期を迎えられます。

なかなかに良く出来た映画ですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.