TOPページ>CINEMA ROOM>スターウォーズ・エピソード5 帝国の逆襲
佐助の部屋_映画レビューRSS

スターウォーズ・エピソード5 帝国の逆襲

スターウォーズ・エピソード5 帝国の逆襲_ポスター
≫≫Amazonで調べる

STAR WARS EPISODE 5 The Empire Strikes Back

評価 ★★★★★|★
種別 SF/アクション/アドベンチャー/ファンタジー
製作年 1980
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ジョージ・ルーカス
出演 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムス、ピーター・メイヒュー、デビッド・プラウズ、フランク・オズ
【ストーリー】

反乱軍にとって暗黒の時代だった。帝国軍は反乱軍にデス・スターを破壊されながらも、反乱軍を追いつめ、秘密基地から撤退を余儀なくさせた。恐怖の帝国軍艦隊から逃れた。ルーク・スカイウォーカー率いる自由の戦士たちは辺境の氷の惑星ホスに新たな秘密基地を建設した。若きスカイウォーカーを探すことに執念を燃やすダース・ベイダーは無数の探査ドロイドを宇宙の彼方へと放ったのだった・・・


【レビュー】

ずいぶんと映像が変わったなぁと思いました。

今は「エピソード5」となっていますが、1980年当時は「帝国の逆襲」として映画化されたスターウォーズの2作目です。今回も私が見たのはデジタルリマスター版ですが、オリジナルと大きく変わったと思ったのは「クラウド・シティー」のシーンです。

オリジナルでは直ぐに着陸してしまうのですが、今回はクラウド・シティーのビル郡の間を、ファルコン号が通過するなど随所にCGが織り込まれ、またオリジナルは壁だった室内も全天候窓になり陽光が差し込んで明るい感じに変わりました。

映画のストーリーは、次回作「ジェダイの復讐」へと繋がる複線を随所に散りばめた、「繋ぎ」となっていますが、エピソード2を見た後に本作を見直すと、世代を超えてデジャブするシーンが何箇所かあり、「ニヤリ」とするでしょう。

例えば、賞金稼ぎの"ボバ・フェット"や、ベーダーVSルークでのルークの負傷個所など。あるスターウォーズ研究サイトによると、合計21シーンでデジャブが確認されています。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.