TOPページ>CINEMA ROOM>アメリカを売った男
佐助の部屋_映画レビューRSS

アメリカを売った男

アメリカを売った男_ポスター
≫≫Amazonで調べる

BREACH

評価 ★★★★★|★★★
種別 クライム/サスペンス/ドラマ
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Presidio Corporation
監督 ビリー・レイ
出演 クリス・クーパー、ライアン・フィリップ、ローラ・リニー、デニス・ヘイスバート、カロリン・ダヴァーナス、ゲイリー・コール、キャスリーン・クインラン
【ストーリー】

FBI史上最も優秀な捜査官が仕掛けた、アメリカ史上最大の裏切り。
世界を震撼させた“衝撃の実話”、待望の映画化。

野心あふれる若手FBI捜査官エリック。
上司に呼び出された彼は、新たな指令を言い渡される。
それは、FBIでNo.1の捜査官と謳われる、ロバート・ハンセンをマークすることだった…。


【レビュー】

迫力満点のサスペンス映画です。

2001年2月、旧ソ連時代に20年間もの間KGBへ機密情報を売り渡していたスパイ容疑で、FBIの現職捜査官ロバート・ハンセンが逮捕されました。その時実際に放送されたFBI長官の記者会見映像から物語はスタートします。

そして時間をさかのぼる事約2ヶ月。

この逮捕までの2ヶ月間に絞ったことで映画の密度が一気に上がり、観客をグイグイと引き込んで行きます。さらに製作において、エリック・オニール本人の告白内容を忠実に織り込んだとのことで全く破綻がなく、さすがに実話、重厚壮大な作りとなっています。

また主人公であるハンセン(クリス・クーパー)は機密情報をリークした悪党ではあるのですが、彼の人間性や卓越した能力、実生活などの小エピソードを織り交ぜ、同情を得るようなレトリックを使い観客心理を彼へと向けさせています。

冒頭で彼が逮捕されるのは既に判明しているので、如何に観客を映画の世界に引き込むかが勝負となるわけです。そこでヒッチコックが得意としたこの手法を取り入れたのは大正解だと思います。

さらにこの手法を完成させるクリス・クーパーの迫真に迫る演技も素晴らしい。セリフに頼ることなく表情の変化を上手く使って、徐々に追い込まれて行く者の心理を見事に体現しています。

対するエリック(ライアン・フィリップ)の、ハンセンに正体を見破られそうになるたびに、ギリギリの線で追求をかわす苦しい言い訳がハラハラさせるのも良いです。

2人の綱渡りのような駆け引きが観客を魅了します。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.