TOPページ>CINEMA ROOM>コラテラル
佐助の部屋_映画レビューRSS

コラテラル

コラテラル_ポスター
≫≫Amazonで調べる

COLLATERAL

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/サスペンス/クライム
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 マイケル・マン
出演 トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ、ブルース・マッギル
【ストーリー】

マックス(ジェイミー・フォックス)は、この12年間、ロサンゼルスのタクシー運転手として、ごく平凡な日々を送ってきた。これまでバックミラーに映し出された無数の顔も、彼らに指示されて行った場所も、マックスにとってはまったく何の意味もなく、毎日の心の支えとなっているのは、運転席に飾られた南の島のポストカードだけだ。だが、今夜、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)という名の女性検事を乗せたマックスは、目的地へと送り届ける途中、彼女とちょっとした会話を交わすうちに、ふたりの間にわずかな心の触れ合いが生まれつつあることに気づく。アニーもまた、その予兆に気づいたのか、別れ際にマックスに自分の名刺を残していく。
そのころ、ヴィンセント(トム・クルーズ)がロサンゼルス空港に到着する。銀髪に白髪の無精ひげというクールないでたちのこの男は、実は一流のプロの殺し屋で、麻薬取引に関わる組織からの依頼を受けて、今夜ここロサンゼルスの街中で、5人の重要な証人を殺害するという任務を授かっていた。空港を出たヴィンセントは、マックスのタクシーを拾い、街を訪れたビジネスマンを装いながら、最初の殺害予定場所へと車を向かわせる・・・。


【レビュー】

意外に面白かった映画です。

トムクルーズと言えばハリウッドを代表する今まで何本もの主役をこなしてきたスーパースターです。そんな彼が「悪役」。まあ観客動員にはもってこいの宣伝文句にはなりますが、正直余り内容に期待はしていませんでした。しかしどうして、これがまた期待を裏切り中々に良く出来たストーリーです。

題名の通り「巻き添え」がメインストーリーなのですが、この映画は基本的にこのヴィンセントとマックスの2人の会話で成り立っています。夢ばかり見て行動を起さない人生の敗北者としてのマックスと、凄腕の殺し屋だが獲物へ真直ぐ突き進み自ら勝利を勝ち取る成功者のヴィンセント。その2人の価値観の違いである時は衝突し、ある時はヴィンセントが説教を垂れます。この会話の応酬が非常にテンポ良く、ただのクライム・サスペンスとは一線を隔していると思います。

トムが格好良すぎるのでクールな殺し屋を超越してしまっている気がしますが、まあ何をやらせても存在感が出てしまうのは仕方なし。特に今回トムはこの役の為にイギリス空軍特殊部隊で訓練を積んできただけのことはあり、流れるようなガンアクションとブレる事のない正確なサイトを披露してくれます。それに大してうだつの上がらないドライバー役のジェイミーが、銃を撃つ時にセイフティーレバーを解除する方法を知らないなど、さり気ない演技も組み込まれており、かなり完成度の高い映画に仕上がっていると思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.