TOPページ>CINEMA ROOM>レッドクリフ Part I
佐助の部屋_映画レビューRSS

レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part I_ポスター
≫≫Amazonで調べる

RED CLIFF: PART I 赤壁

評価 ★★★★★|
種別 アクション/ドラマ/歴史
製作年 2008
製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
配給 東宝東和 - Avex Entertainment Inc.
監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ユウ・ヨン、リン・チーリン、フー・ジュン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、中村獅童
【ストーリー】

西暦208年、帝国を支配する丞相・曹操<そうそう>(チャン・フォンイー)は、対抗勢力をせん滅すべく80万の大軍で征討に赴く。関羽<かんう>、張飛<ちょうひ>、趙雲<ちょううん>らの活躍で劉備軍はなんとか逃げ伸びたが、敗北は濃厚。軍師の孔明<こうめいは>曹操軍の脅威に対抗すべく、孫権軍との同盟を進言し孫権(チャン・チェン)のもとへ向かう。
若くして覇権を継承した孫権のまわりには、曹操に降伏するべきだという意見が大半を占めていたが、孔明は交戦派の司令官・周瑜<しゅうゆ>(トニー・レオン)と出会い、次第に信頼関係を築き、同盟が実現することになる。
それでも連合軍の兵はわずか5万。数の上で圧倒的に不利な連合軍は、亀の甲羅をヒントにした奇襲“九官八掛の陣”(きゅうかんはっけ)で曹操軍の騎馬隊を迎撃、見事に撃破する。
しかし、依然勢力の衰えない曹操軍は、2000隻もの船を集め、決戦の地・赤壁へ向かおうとしていた。


【レビュー】

まるでゲームの三国無双を映画化したような作品です。

監督は「M:I-2」のジョン・ウー。正直彼の作る映画で出来が良かったのは「フェイス/オフ」だけでは無いかと思うようになって久しいですが、やはり今回もジョン・ウーらしく出来は今一でした。

当然、彼の自己主張である“白い鳩”も登場しますし、いい加減廃れてきたワイヤー・アクションも登場します。歴史物語としては余りにも有名な、今回の具材である「三国志」の中でも、最も有名な“赤壁の戦い”を表現するには、エンターテイメント性一辺倒な彼の作風は違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか。

確かに、飄々とした孔明(金城武)はいい味が出ていましたし、周瑜(トニー・レオン)の聡明さも中々良かったです。また絶世の美女と言われた周瑜の妻である小橋(リン・チーリン)はその美貌で見る者を魅了しました。

翻って戦いのシーンはどうだったでしょうか。

確かに三国志随一の知将として知られる孔明の仕掛けた“九官八掛の陣”は、有効性はともかく奇抜性とビジュアル性において大成功だと思います。

しかし、五虎大将(五虎将軍とも言う)に名を連ねるほどの猛将である関羽、張飛、趙雲の活躍を描きたかったのは分かりますが、槍一振りで10人近い兵が空に舞うほど誇張する必要があるのでしょうか。その光景はまさにゲームの“三国無双”でした。

またジョン・ウーが解釈した三国志だからなのか分かりませんが、女一人(小橋)を手に入れるために起こした戦いってのは、ちょっと言いすぎな感じもします。これじゃ「トロイの木馬」ですよね。(あっちは本当にヘレンをめぐってスパルタ中の王が取り合いをしていましたけど)

本作では“赤壁の戦い”の直前にて幕を閉じますが、続編となるPART ?では何処まで史実を見せてくれるでしょうか。周瑜が孔明を恐れて仕掛けた“10万本の矢”のシークエンスは絶対必要ですよね。これが無いと後の2人の関係に繋がらないし。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.