TOPページ>CINEMA ROOM>地球が静止する日
佐助の部屋_映画レビューRSS

地球が静止する日

地球が静止する日_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE DAY THE EARTH STOOD STILL

評価 ★★★
種別 SF/アクション/ドラマ
製作年 2008
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 スコット・デリクソン
出演 キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミス、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、ジョン・クリーズ、カイル・チャンドラー
【ストーリー】

突如、地球に降り立った、宇宙からの使者クラトゥ
彼の正体は? その目的は?
「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」
クラトゥの宣告が意味するものとは????

巨大な球体と共に地球に降り立った、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。友好か、侵略か---。全てが謎に包まれたその真相を解き明かそうと奔走する政府から、クラトゥの調査を命じられた科学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)。彼女は、幼い義理の息子(ジェイデン・スミス)と共に、次第にクラトゥの任務に巻き込まれていく。

ついに仕掛けられた脅威の攻撃。それは、地球上の標的を跡形もなく溶かし去っていく。やがて地上では衝撃的な惨劇が繰り広げられ、見慣れた光景は一変していく。その破壊力は、人類の最先端テクノロジーをはるかに超えるものだった。目の前で進む崩壊になす術もない人類。一方で、謎はさらに深まっていく。

果たして、人類滅亡のカウントダウンを止めることはできるのか---?


【レビュー】

最後まで盛り上がりに欠ける映画です。

1951年にロバート・ワイズ監督により製作された同名映画(邦題は「地球の静止する日」で一文字違いですが)のリメイクになります。テーマは簡単に言うと“環境破壊”であり、新しく焼きなおした「ノアの箱舟」でしょう。

オリジナルの方を見ていないので比較のしようがありませんが、本作品に関して言うならば、メッセージは一応伝わるものの、いまいちストーリーとしての盛り上がりに欠けていました。

VFXを駆使した、街が瞬時に消えていく映像は確かに見ごたえがあるのですが、映画としての見所とは言えません。そのほかのアイデアに斬新性は全くなく、何のためにリメイクまでして世の中に出したのか良く分かりませんでした。

大体、地球規模のパニックを、アメリカ一国だけに閉じた世界で映画を作っている時点でダメダメなのですが、あろうことか国防長官しか出てこないなんて、脚本がいい加減すぎると思います。

大統領にとって、この事件以上に優先度が高い案件が有るとは考えられません。これだけ取ってみても、もう序盤からシラケモード全開です。

ただ、無機質な感じを出すクラトゥ役にキアヌ・リーヴスを選んだのは正解だと思います。キアヌは元々が表情豊かな俳優ではないですし、線の細さも役柄的にはピッタリだと思いました。

ここまではマイナス評価ばかりですが、逆に考えさせられたのはヘレンのセリフ「We can cange」です。オバマ大統領の決め台詞そのままですが、本当に我々は変わり環境破壊を止められるのか? ここのフレーズでは思わず考え込んでしまいました。

まあ、消費電力が増大するほど大量のポイントが付く、詐欺的な“エコポイント”を掲げるような日本政府は、環境破壊を止めるつもりなんて全くないようですが・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.