TOPページ>CINEMA ROOM>ハウルの動く城
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハウルの動く城

ハウルの動く城_ポスター
≫≫Amazonで調べる

ハウルの動く城

評価 ★★★★★
種別 アドベンチャー/戦争/ファンタジー/ロマンス/アニメ
製作年 2004
製作国 日本
配給 東宝
監督 宮崎駿
出演 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介、加藤治子
【ストーリー】

愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が飾られ、歓呼の中を行進する兵士たち。荒野には、美女の心臓をとって喰らうという魔法使い、ハウルの動く城まで現れた。
そんな町から離れて歩く、ひとりの少女がいた。主人公ソフィーは18才。荒地の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている。妹のレティーは八方美人で人当たりもよく、街一番のカフェ、チェザーリの看板娘。ソフィーは妹に言われる。「本当に帽子屋になりたいの?」でも、生真面目なソフィーはコツコツと働くしかない。たまにひとりになると、自分が本当になにをやりたいのか、考えてしまう娘だった。
ソフィーはある日、街で美貌の青年・ハウルと出会う。何かに追われているらしい青年は、ソフィーと共に天へ舞い上がったかと思うと、束の間の空中散歩にいざなう。夢のような出来事に心を奪われるソフィー。
しかしその夜、ソフィーは、荒地の魔女と名乗る魔女に呪いをかけられ、90才のおばあちゃんに姿を変えられてしまう。
このままでは家にいられない!ソフィーは荷物をまとめ、人里離れた荒地を目指し、ハウルの動く城に潜り込むのだったが・・・。


【レビュー】

宮崎アニメにしては拍子抜けと思います。

「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」などのハイレベルな作品を手がけてきた宮崎駿監督の映画とは思えません。最初のつかみまではそれなりに良いのですが、テーマが巧く絞れておらず、まとまりの無い作品になってしまっています。一応ラブロマンスを軸に反戦をうたっている感はあるのですが、どっち付かずですし、そもそも「なぜ」「どこと」戦争をしているのか全く不明のままです。そして長く続いた戦争もサリマンの一言で終らせられるなんて・・。で、ソフィーの呪いは解けたのでしょうか?カブはなぜ、誰に呪いを掛けられていたのでしょうか?まあ、映像は非常に洗練されていて文句は有りませんし、音楽もさすがは久石譲。この作品で最も良かったのは、恐らく音楽ではないでしょうか?


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.