TOPページ>CINEMA ROOM>オーシャンズ13
佐助の部屋_映画レビューRSS

オーシャンズ13

オーシャンズ13_ポスター
≫≫Amazonで調べる

OCEAN'S THIRTEEN

評価 ★★★★★|★★
種別 クライム/コメディ/サスペンス
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
出演 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アル・パチーノ、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、エレン・バーキン
【ストーリー】

 冷酷無比なカジノ経営者のウィリー・バンク(アル・パチーノ)は、パートナーにすると約束したルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)を裏切り、失意のルーベンは瀕死の状態で病院のベットに横たわる。そのとき、バンクはまさか自分にとんでもないしっぺ返しが飛んでくるとは思いもしなかった。だが、ダニーにとって、ルーベンは仲間であり、師でもある。そこをバンクは甘く考えすぎた。ものすごく甘く。
 確かにバンクはオーシャンズのオリジナル・メンバー11人のひとりを排除した。しかし、残りのメンバーはピンピンしているうえに、彼らに共通の目的を持たせてしまった。それは、バンクの生涯最高となるはずの夜??彼が自分の名をつけた新しいカジノ”バンク”のグランド・オープンに彼をつぶすこと。
 オーシャンズは二重の戦略を立てる。まず。カジノ側がつねに勝つという前提をくつがえすことによってバンクを財政的に破綻させる。だが、それでは単に金だけが。彼の個人的な誇りと喜び、つまり、ホテルの格付けにおいて、所有するホテルすべてで栄誉ある”5つダイヤ賞”を獲得した唯一のホテル経営者であるという彼の評判をズタズタにしてこそ、真の勝利と言える。
 彼らの計画は複雑で危険で、恐ろしく不可能に近い。だが、仲間の敵を討つためならオーシャンズに限界はないのた。


【レビュー】

とてもスタイリッシュな復讐劇です。

ギャラだけでいくらになるのかと眩暈がしそうな位の大物俳優を、これでもかと揃えて登場したシリーズ3作目。さらに今回は豪華俳優だけでなく、オーシャンズ11、12の悪いところを払拭しだいぶ熟成された感じがします。

テーマは”復讐”、ストーリーは単純明快「仲間を傷つけた悪者を皆でやっつける」。ただそれだけですが、その明快さと軽いノリを維持し適度にスパイスの効いたコメディを織り交ぜて最後まで一気に駆け抜けるあたり、ソダーバーグ監督の手腕が光っています。

特に今回は1、2作目でメインであった”盗み”をサブストーリーにして、前作でバッサリと省かれて不評を買った様々な”仕掛け”の部分に焦点を絞り、バンク(アル・パチーノ)をあの手この手ではめて行く過程に多くの時間を割いて丁寧にくみ上げているので、最後まで飽きる事も有りません。

また今回は日本を妙に意識したカットがチラホラ。「相撲」のカットは良く見るのでさほどでもありませんが、「煎茶」「番茶」の掛け合いや、「久保田」を「くぉぼた?」と言って乾杯するシーンが、私的には壺にはまって思わずニヤリとしました。最近アメリカは日本ブーム絶好調なのでしょうか?

それと見逃してはいけないのが劇中何度も出てくる「シナトラと握手した」と言うキーワードです。意味は”裏切らない”こと。1960年に製作されたフランク・シナトラ主演の「オーシャンと十一人の仲間」という映画をオーシャンズ11はリメイクしたことで、オマージュを捧げてるとプロデューサのJ・ワイントローブ氏がインタビューで仰っていました。アル・パチーノもゴッド・ファーザーで”騙した奴は許さない”マフィアのドンを演じて居ましたし、アンディ・ガルシアもそうでしたね。そう考えると様々な過去へのオマージュが織り込まれた作品と言えるかも知れません。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.