TOPページ>CINEMA ROOM>ナイロビの蜂
佐助の部屋_映画レビューRSS

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE CONSTANT GARDENER

評価 ★★★★★|★★
種別 サスペンス/ドラマ/ロマンス
製作年 2005
製作国 イギリス
配給 GAGA Communications Inc.
監督 フェルナンド・メイレレス
出演 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト
【ストーリー】

それは、しばしの別れのはずだった。英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに・・・。
ジャスティンに事件を報せたのは、高等弁務官事務所長で、友人でもあるサンディ(ダニー・ヒューストン)だった。テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された。彼女は黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善するため救援活動に励んでいた。今回もその一環のはずだったが、同行したアーノルドは行方不明、警察はよくある殺人事件として事件を処理しようとした。
妻との始めての出会い出逢いを思い起こすジャスティン。上司の代理で講演会を開いたとき、聴取席から鋭い舌鋒で攻撃してきた情熱的な活動家がテッサだった。正確も育ってきた環境も全く異なる2人は、それゆえに惹かれあい、恋に落ちた。「あなたといると安心なの」赴任先のアフリカへ連れて行ってほしい、それがテッサからのプロポーズだった。
正義のためなら権力を握る相手にも臆せず立ち向かうテッサは、ジャスティンの社会的立場に波風を立て始める。しかし、ガーデニングが唯一の趣味で事なかれ主義主義のジャスティンは、見てみないふりを通していた。その上テッサが妊娠したため、ジャスティンは我が子の誕生を心待ちにする幸せな時間だけを生きていた。


【レビュー】

なんか切なくなる映画です。

監督は「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレスです。全般通して彼の得意なドキュメンタリータッチで終始描かれているので、一瞬ノンフィクションかと錯覚してしまうほどですが、ジョン・ル・カレ原作のフィクションを映画化したものです。

この映画は行き成り主人公の妻テッサが死ぬところから始まり、主人公ジャスティンが回想する事で2人の過去が徐々に観客にも明かされていく仕掛けと、更にテッサの死後からのストーリーも同時に展開される二軸同時進行の手法をとっています。

ただしテッサが死んだ最初の時点で彼女の知りえていた情報以上のことは特にその後も出てきません。最初はこの手法のせいかストーリーの進行速度が緩やかで退屈な感じもしますが、実はこの手法がとてもマッチしている事に気がつくのは前半が終る頃からでした。

この映画が他のサスペンスとはやや違う趣向なのは、徐々に陰謀が明らかになるにつれ、ガーデニングしか趣味の無かった男がたくましいアベンジャーになっていくわけではない事です。いつまでたってもただの男なのです。

では彼はなんのために居るのか。

途中で不意に気がついたのは、彼の役割は陰謀を解き明かす正義の味方でも妻の死に対して裁きを下す復讐者でもなく、妻の軌跡を追いつづける事で徐々に真実が観客にも明らかになるように、ガイドする水先案内人なのだということでした。

彼の目線で、彼の気持ちで追いつづけるからこそ、観客は感情移入が容易に出来、彼のテッサへの愛が限りなく深いことを心で感じる事が出来るのでしょう。

しかしアフリカの実情は本当にひどいですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.