TOPページ>CINEMA ROOM>ディパーテッド
佐助の部屋_映画レビューRSS

ディパーテッド

ディパーテッド_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE DEPARTED

評価 ★★★★★|★★
種別 クライム/サスペンス/ドラマ/バイオレンス
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン
【ストーリー】

マサチューセッツ州ボストン南部、通称”サウシー”。マサチューセッツ州警察はこの街にはびこる犯罪組織を撲滅すべく、全面戦争に突入しようとしていた。州警察の標的は、組織のトップに君臨するフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。その権勢と支配力を内部から崩そうというのだ。そこで、新人警官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)に白羽の矢が立った。ボストン南部で育ったビリーはコステロの組織に潜入するよう命じられる。ビリーがコステロの信用をとりつけようと必死になっているころ、同じくサウシー出身の新人警察官コリン・サリバン(マット・デイモン)は出世コースを歩き始めていた。特別捜査官に配属されたコリンは先輩のエリートたちに混じって、コステロの打倒に向けた捜査に乗り出す。しかし、同僚も上司も知らなかった??コリンはコステロが送り込んだ内通者であり、警察の追っ手からコステロを逃がしていることを。
素性を隠して二重生活を送るビリーとコリンは、それぞれの潜入先で情報を収集し、敵の出方と動きを探る。だが、警察側もギャング側も身内にスパイがいる事に気づき始め、ビリーとコリンは窮地に追い込まれる。??このままでは敵の目の前で、いつ素性が知れるかわからない。相手スパイの正体を先に暴かなければ、自分が殺(や)られてしまうのだ。


【レビュー】

いい意味で期待を裏切られた映画です。

この映画は2002年に香港の2大スター、トニー・レオンとアンディ・ラウを主演に迎え製作された本格ハードボイルド「インファナル・アフェア」をハリウッドの「無冠の名監督マーティン・スコセッシ」がリメイクしたものです。ストーリーはほとんど原版どおりですがラストは変更されています。また原版の方では潜入捜査官と警視の間になんとなく”情”が感じ取れましたが、このリメイク版ではそのようなものは一切無く、見事なまでにお互いが自分の正体を殺した”潜入者”と化しています。

アイリッシュ・マフィアを使ってアメリカ色を出したりと工夫していますが、何を差し置いてもジャック・ニコルソン演じるマフィアのドン”コステロ”が凄い。その全身から醸し出すオーラは強烈極まりなく、このニコルソンは確実に原版を超えた存在感を放っています。またディカプリオの成長?が観られたのも大きな収穫かも知れません。演技は元々巧いほうだと思いますが、30歳を超えて尚”お子ちゃま”色が抜け切れておらず今一好きになれなかった俳優でした。が、今回は別人のように眉間にしわを寄せて影のある悩める潜入捜査官を演じており、一皮剥けた感じがしました。

それと、まるで道具か何かのように人を使いまくる辺りがとってもドライで、アジアには無い感覚。とてもアメリカっぽい感じがしました。

原版の「インファナル・アフェア」と比較して見るのも良いですが、全く別物の映画としてみると結構楽しめると思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.