TOPページ>CINEMA ROOM>ハンガー
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハンガー

ハンガー_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE HUNGER

評価 ★★★★★|★
種別 ホラー
製作年 1983
製作国 イギリス
配給 Cinema International Corporation
監督 トニー・スコット
出演 カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドン、デヴィッド・ボウイ、クリフ・デ・ヤング、ダン・ヘダヤ、ジェームズ・オーブリー、ウィレム・デフォー
【ストーリー】

ミリアムは何千年もの昔から生き続ける、美しい女吸血鬼。彼女は不老不死でい続けるため、時代ごとに愛する者を見つけては、永遠の命を与え、自分の仲間にしてきた。そうして18世紀のイギリスで見つけた恋人が、ジョンだった。二人は現代のニューヨークで、若く美しい姿のまま愛し合っていた。その頃世間では、老化現象を研究する女医、サラが画期的な研究で注目を集めていた。彼女に興味を抱いたミリアムは、早速サラに接近する。同じ頃、不老のはずのジョンが老い始め……。


【レビュー】

退廃的な美とアンニュイ、シューベルトが印象的な映画です。

本作品はトニー・スコットの監督デビュー作で、出演している美男のデヴィッド・ボウイが特殊メイクで老化していくシーンが話題を呼んだことでも有名です。

映画自体は1983年に製作され日本でも1984年に公開されましたが、DVD化されたのが2005年と約20年も経ってからなので、私にとっては見たかったけど中々見る機会に恵まれなかった作品です。

この映画はホラーに分類されていますが一般的な吸血鬼映画とは異なり、血を吸った相手を次々と吸血鬼化させることはありません。女吸血鬼ミリアム(カトリーヌ・ドヌーヴ)の力で彼女の愛する者が永遠の若さを手にいれるだけです。さらにその相手は常に一人。彼ら吸血鬼は太陽の下でも普通に活動でき、鏡にもちゃんと姿が映ります。よっていわゆるドラキュラ系のスプラッタやホラーを期待すると肩透かしを食らう可能性があります。

ストーリーは美しい女吸血鬼ミリアムを軸に、前半の美男ジョンをデヴィッド・ボウイが、後半の美人医師サラをスーザン・サランドンが演じ、誰に対しても平等に刻まれる時間と決別し、エロスを交えながらシューベルトの音楽に乗せて、止まった時間の中で愛し合う退廃的な美を演出しつつ、終盤から破滅へと向かっていきます。

とてもアンニュイなのでサスペンス性は低く、ストーリーもこれといって特筆するような内容は無いのですが、各シーンと音楽の融和がとても上手い作品です。

個人的にはミリアムとサラのキスシーンが印象的でした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.